スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぴさんのソロ現場についてとりとめもなく思い出す。。。


いろいろなことを忘れそうになっているので、メモを書いておくことにした・・・。

小さなことを覚えておくことが「自分にとっては」大切なことなのだ。。。

――でも、だいじょうぶ。たとえ全部忘れたって、そのことは確かに存在してたんだ。
とも思う。。(アホ。)

2015年は、ソロアイドルとしてのようなぴちゃんもたくさん見に行けたので、良かったな。

2014年

7月13日 ようなぴ生誕 新宿MARZ>なぴはむ「きらめきらりりかる」初披露

8月30日 アキバアリーナ りなはむフェスvol.1一部

<ようなぴ>Electro Twintail Cat <なぴはむ>きらめきらりりかる

ゆるめるモ!とは直接関係なくイベントに出演し、でもDJではなく一人でステージに立って歌われたのって、これが最初ではないかと思う。タイムテーブル上「なぴはむ」として15分の持ち時間だったが実際にはなぴさん一人で5分→りなはむさんとのトーク→二人でのきらめきらりりかるという流れだった。そのわずか5分のソロの時間で初めてお披露目されたのが後に「Electro Twintail Cat」と呼ばれる曲だったが、この時は題名も歌詞も固まっていなかった。この曲はなぴさんの御友人がいつか来るべき時のためになぴさんのためにトラックだけを?作ってくれたもので、イベントの前に急遽なぴさんがメロディ、歌詞を考えて歌ったのだという。なおその後りなはむさんやT!Pのお二人とともに再度出てきて、みんなでnerveを踊る一幕もあった。衣装はようなぴ生誕のなぴはむ衣装。
140830_1.jpg 140830_2.jpg

11月19日 CD なぴはむ『きらめきらりりかる』物販先行発売
12月11日、16日 『きらめきらりりかる』リリイベ>タワレコ渋谷店、アソビットシティー秋葉原店
12月20日~25日 個展『ようなぴちゃんと小さなホワイトクリスマス』

12月25日 六本木BeeHive KOTOとようなぴの夜会

<ようなぴ>Electro Twintail Cat、(お絵描きタイム)、ようなぴが街にやってくる、冬へと走りだすお!、キテキテ☆キッス、メガネジェネレーション、きらめきらりりかる(ようなぴsolo version) <KOTO&ようなぴ>エンジェルがエンドレス

ようなぴちゃんソロの記念すべきスタートとなる現場。younapi.comのプロフィールにあるように、なぴさんご本人にとってもその位置づけのようだ。
このころKOTOちゃんがレコライド佐々木喫茶さんとの新プロジェクトとして6ヶ月連続でシングルをリリースしており、その第3弾がようなぴさんとのコラボで発表されると決まったことから、その曲「エンジェルがエンドレス」のお披露目イベントという位置づけもありこのイベントが行われた。

クリスマスとはいえ年末の平日、その18時30分からという出番であったが、特筆するべきは持ち時間が35分間もあったこと。しかしその長い持ち時間の中で簡単なライブペインティングをしたり、「ようなぴが街にやってくる」というクリスマスソングの替え歌を披露したりと、真っ白なキャンバスに絵を描くかのように様々な新しい挑戦をされていて、まったく飽きることのない時間だった。
エンジェルがエンドレス以外に特筆するべきは、その後もようなぴちゃんソロ現場での重要な持ち曲となるキテキテ☆キッス、メガネジェネレーションの2曲(ともに装置メガネのカバー)が初披露されたこと。これはこの日のために、なぴさんが直接装置メガネさんにカバーの許可をもらったものらしい。

佐々木喫茶さんはかつてAira Mitsukiさんにも曲を提供されており、新宿MARZでの最初のようなぴ生誕にはりなはむさんらと並びレコライドさんがブッキングされていた。その佐々木喫茶さんによるエンジェルがエンドレスという曲も、それを直接の契機として始まったように見えるソロアイドルようなぴちゃんというプロジェクトそのものも、「大切にしていたばらばらの線が、いつか結ばれる。“これから”は、“いままで”の続き。」というなぴさんの言葉を現在進行形で証明するものになっている。
141225_1.jpg 141225_2.jpg

12月27日 長堀橋WAXX 合法幼女症候群 WELCOME TO MY HOME Vol.3 2014 FINAL

(1部)Electro Twintail Cat、キテキテ☆キッス、きらめきらりりかる(ようなぴsolo version) ※KOTOちゃんの出番の中でエンジェルがエンドレス

(2部)きらめきらりりかる(ようなぴsolo version)、メガネジェネレーション、Electro Twintail Cat ※KOTOちゃんの出番の中でエンジェルがエンドレス

(3部)キテキテ☆キッス、きらめきらりりかる(ようなぴsolo version)、エンジェルがエンドレス(KOTOちゃんと)

「KOTOとようなぴの夜会」の直後、KOTOちゃんとともになぴさんが単独で行った大阪遠征3現場。3部制で何故かチケット代は1部が500円、2部が無料、3部が1,000円だった。全てKOTOちゃんと出番が前後で1部、2部ではKOTOちゃんの枠、3部ではなぴさんの枠を使って2人でステージに立っての「エンジェルがエンドレス」を披露した。持ち時間はすべて15分ずつとはいえ、遠征で3本もソロライブがある貴重な機会だった。これ以降「Return to my Innocence」発表までしばらくようなぴちゃんソロ現場は頻度が少なくなるが、「KOTOとようなぴの夜会」とこの大阪遠征の3現場はソロアイドルようなぴちゃんの誕生を決定づけた重要な出来事だったと感じる。
141227_1.jpg 141227_2.jpg

12月30日 FiveStars2014 FINAL Zepp Tokyo>KOTO&ようなぴで「エンジェルがエンドレス」を披露

2015年
1月15日 アキバアリーナ 苺りなはむ5,000枚ミッション最終日1部

<なぴはむ>きらめきらりりかる <ようなぴ>Electro Twintail Cat、キテキテ☆キッス、メガネジェネレーション

このころは苺りなはむさんの「CD5,000枚ミッション」の大詰めでなぴさんも何度か関連のイベントに出演されていたが1月15日いちごの日?であるこの日がそのミッションの締切日であった。2部制で主催ライブが行われ、2部の終了後も売り切るまでCD販売会が行われるという趣旨で、なぴさんは1部のみに出演。最初は「なぴはむ」としてりなはむさんと二人でステージに登場し、とても長いMCの中で一曲だけりなはむさんにとってもアイドル活動再開のきっかけになったという「きらめきらりりかる」を歌う。その後ようなぴソロでも登場し、3曲歌われてた。衣装はようなぴ生誕のなぴはむ衣装だった。
なお、平日の18時からという大変険しい時間帯であった。
150115_1.jpg 150115_2.jpg

1月26日 CD KOTO×ようなぴ『エンジェルがエンドレス』発売>KOTOちゃんの物販で限定販売

2月8日 秋葉原TwinBox GARAGE FUTURE IDOL!!!

Electro Twintail Cat、キテキテ☆キッス、メガネジェネレーション、きらめきらりりかる(ようなぴsolo version)

このころはなぴさん単独での現場というとやはりDJ younaP!としての出演が圧倒的に多く、前回ソロからほぼ一ヶ月の間隔があった。それもご自身すらDJとしての出演だと思っていたという、降ってわいたようなソロアイドル現場だったが、このころはソロ現場が本当に貴重でありがたく思ったものだ。さらにエンジェルがエンドレス以降、遠征や平日の早い時間にしか行われていなかったなぴさんソロがついに休日の都内で行われた機会でもあった。出番も25分ありイベント名通り、ソロアイドルようなぴちゃんの「FUTURE IDOL」としての輝きを強く感じることのできる時間であった。2月6日~8日他に単独現場が3本入ってるようなぴ3daysの最終日で、この日はその後Gladで佐々木喫茶さんのイベントにオープンDJのDJ younaP!とゲストボーカルで出演されていた。
150208_1.jpg 150208_2.jpg

3月26日 新宿御苑前レストランパペラ しず、なぴ、吉田の恐怖ナイト

キテキテ☆キッス、エンジェルがエンドレス、きらめきらりりかる(ようなぴsolo version)、Electro Twintail Cat、メガネジェネレーション

1月半ぶりの貴重なソロ現場だった。このころすでにDJ younaP!でもソロの持ち曲をかけて歌うということを多くされていたので境界は非常にあいまいになってきていたのであるが・・・。20分の持ち時間の中におそらく当時考えられるすべての持ち曲を詰め込んだセトリになっていた。
会場はカレー屋さんなのだが店内の一角にライブができるスペースが設けられているという不思議な場所だった。イベントではなぴさんはソロの他、水野しずさんとトークしながらライブペインティング(1点はイベント後にオークションで即売され、もう1点はその絵を印刷したTシャツが2015年12月に販売された)したり、他のゲストの方とともに吉田さんという方の怪談を聞いたりしていた。
原宿marienkaeferでのグループ展「ぴんくなゆううつ」終了直後のイベントであり、そこで展示されていた作品とチェキを撮れた。ちなみにこの日の物販後、おそらく最初の「ようなぴ締め」が行われた。
150326_1.jpg 150326_2.jpg

4月11日 新宿MARZ 苺りなはむ1st.生誕ワンマンライブ

メガネジェネレーション、きらめきらりりかる(りなはむさんと)

終始りなはむさんと2人でステージ上にいたのでソロと言えるかはわからない。持ち時間の大半が2人でのMCで、冒頭にメガネジェネレーションを歌ったのはその場の流れ上のこと。本当は最後にきらめきらりりかるを歌う以外は、りなはむさんとのトークにしようとなぴさんは考えていたらしい。
2014年7月の最初のようなぴ生誕から時を経て、今度はりなはむさんの生誕で2人でのきらめきらりりかるをしかも同じ新宿MARZで聴けたのは格別のものがあった。その新宿MARZをりなはむさんが生誕の会場に今回選んだのには、ようなぴ生誕のこともあったとMCで話されていた。
150411_1.jpg 150411_2.jpg

4月24日 後のようなぴミニマム音楽団が活動を開始
5月2日 ゆるめるモ!ワンマン 赤坂ブリッツ
5月16日~18日 けちょなぴイラスト展

5月26日 代アニLIVEステーション HAMPA! vol.1

キテキテ☆キッス、エンジェルがエンドレス、きらめきらりりかる (りなはむさんと)、Electro Twintail Cat、メガネジェネレーション

大変久しぶりのソロ現場。これはりなはむさんのイベントで、会場はみんな大好き代アニLIVEステーション(奇妙な場所)。レストランパペラと同様20分の持ち時間の中に当時考えられる持ち曲をすべて詰め込んだセトリ。りなはむさんのイベントとあってきらめきらりりかるではりなはむさんもステージに登場していた。なぴさんの活動を追っていると自然にりなはむさんの重要な場面に出くわすことが多い。時期的にもこの時MCでなぴさんがソロアイドル活動への意欲を示す発言をされていたのは大きい意味を持っていたと今考えると思う。この頃からETCになぴさんがご自身で考えたという振りが入るようになった。
150526_1.jpg 150526_2.jpg

7月12日 ようなぴ生誕 サンリオピューロランド>ソロでReturn to my Innocence初披露、ソロCDの発売を発表

8月7日 渋谷Glad YUME CAWAII FESTIVAL vol.1

Return to my Innocence、きらめきらりりかる※、メガネジェネレーション※ ※りなはむさんと

Return to my Innocenceが初披露されたようなぴ生誕後初めてのソロ現場はりなはむさんのイベントだった。場所はなぴさんにとって特別な意味を持つ?渋谷Glad。その場所でReturn to my Innocence、次いでりなはむさんとのきらめきらりりかるを聴けたことの意義は大きかった。衣装も生誕ソロの時間のために作られた衣装を着ていた。
150807_1.jpg 150807_2.jpg

8月13日 代官山晴れたら空に豆まいて たたみゅ

Return to my Innocense、きらめきらりりかる、キテキテ☆キッス、Electro Twintail Cat、エンジェルがエンドレス、メガネジェネレーション

5月18日に第一回が行われてからDJ younaP!、ようなぴミニマム音楽団と様々な形でほぼ毎回なぴさんが出演されている無料イベントについにソロアイドルようなぴちゃんでも出演。平日だが出番も遅く大変盛況だった模様だが、なんと私は行くことができなかった。。セトリはようなぴちゃんのツイッターから。

8月30日 渋谷Glad 夏のKOTO祭り~喫茶&たった生誕~

メガネジェネレーション、きらめきらりりかる (ようなぴ solo version)、Electro Twintail Cat、Return to my Innocence

前回たたみゅの直後に髪をピンクに戻しており「ハイパーようなぴ」状態でのソロは初だった。個展「真夏のような日゜」の初日であった。
150830_1.jpg 150830_2.jpg

8月30日~9月6日 ようなぴ個展「真夏のような日゜」

9月28日 代官山晴れたら空に豆まいて たたみゅ

Return to my Innocence、キテキテキッス、Electro Twintail Cat、きらめきらりりかる※、メガネジェネレーション※、été ※りなはむさんと

のちにシングル『Return to my Innocence』に入ることとなる3曲のうちétéが初披露となった日。DJで出演されてたりなはむさんもなぴさんの出番中に登場。ちなみになぴさんはDJハシダさんの出番中NNNとRefresh Your Jewelry Boxで舞台に登場しマイクを取られてた。
150928_1.jpg 150928_2.jpg

10月25日 T2 SHIBUYA YUME CAWAII FESTIVAL vol.2

Return to my Innocence、大好き、きらめきらりりかる(りなはむさんと)

8月に行われたりなはむさんイベントの第2弾の会場はT2 SHIBUYAというこれもとっても変わった場所だった。DJりなはむ×BERRYZの最後にゆるめるモ!「逃げろ!!」がかかってなぴさんが登場、その途中から「Return to my Innocence」がかかってそこからなぴさんの出番がスタート。シングル3曲のうち最後まで未発表だった「大好き」が初披露された日でもあった。ここまでDJは引き続きりなはむさんという凄まじさ。最後はきらめきらりりかるでついにDJのところからりなはむさんできて一緒に歌って終わりという実に短くも濃い時間だった。なお衣装はナース服。このイベントにはファッションショーの時間もあり、なぴさんも急遽そのナース服で出演されていた。
151025_1.jpg 151025_2.jpg

11月9日 恵比寿BATICA ようなぴミニマム​音楽団と水野しずと恵比寿で​秋​の​中頃​!​

Return to my Innocence、大好き、été、メガネジェネレーション

ようなぴさんソロのシングル『Return to my Innocence』がこの日の物販から発売となった記念すべき現場。ようなぴミニマム​音楽団のイベントだったがソロシングル発売に合わせてオープニングアクトにソロでようなぴちゃんが登場。今日は挨拶してから歌いますと、本日先行発売開始のシングル『RTMI』について語る。そのシングルから収録順に全曲を披露した。最後はしんみりしたのでとあの「KOTOとようなぴの夜会」の頃からのソロの持ち曲メガネジェネレーション(装置メガネカバー)を歌う。衣装はシングルジャケットで着ている黒い服。なおこの日ソロシングルを買うと生写真(1)が手に入った。
151109_1.jpg 151109_2.jpg

11月16日 代官山晴れたら空に豆まいて たたみゅ

été、キテキテ☆キッス、Return to my Innocence、大好き、メガネジェネレーション

衣装は前回に引き続き、ソロCDジャケットの黒い服。イベントではソロのほか、ハシダさんDJの最後の曲さよならばかちゃんで丁度会場に到着したなぴさんがステージに上がりマイクを取られていた。なおこの日ソロシングルを買うと生写真(2)が手に入った。
151116_1.jpg 151116_2.jpg

11月17日 恵比寿BATICA Kit Catイヴにゃんローラン4000歳記念聖誕祭

キテキテ☆キッス、été、Return to my Innocence、エンジェルがエンドレス、大好き

11月9日に引き続き、BATICAの2階でのソロステージ。Kit Catのイヴにゃんローランさんの生誕イベントであり、キテキテキッス最後の歌が「ニャニャニャニャニャーン」でその時の手の形も猫の手になってたり、大好きも最後「イヴにゃん大好き」という歌詞になってたりと、もろもろ生誕特別仕様だった。客席に終始イヴにゃんさんがいらっしゃり、MC中二人で舞台に立つ一幕も。「大好き」最後はステージ中央になぴさんしゃがみこみ、フロア中央のイヴにゃんさんと見つめ合う形で歌を歌っていた。久し振りにエンジェルがエンドレスがセトリに入っていた。ソロシングル購入特典:生写真(2)
151117_1.jpg 151117_2.jpg

11月24日 新宿御苑前レストランパペラ なぴ八先生の中間試験

été、キテキテ☆キッス、Return to my Innocence、大好き、メガネジェネレーション、目が覚めなければ

3月26日以来2度目となるレストランパペラでのイベント。なぴさんのソロにおいては初の試みでようなぴミニマム音楽団の録音した演奏をバックに「目が覚めなければ」を歌われていた。イベント自体もなぴさんのほか八月ちゃん、宇佐蔵べにさんといった別の表現手段も持ったアイドルたちが一堂に会しており、それぞれのソロライブのみならず三人でのトークも非常に面白い時間だった。なぴさんと八月ちゃんがイラストの課題を出し、有料でそれを採点してもらえるというコーナーもあった。ソロシングル購入特典:生写真(3)
151124.jpg

12月7日 下北沢シェルター new encounters vol.1

Return to my Innocence、été、大好き、メガネジェネレーション

étéと大好きにも振りの要素が加わった。ゆるめるモ!ツアー中で前日まで福島、仙台、一週間後は広島、福岡という合間の平日現場だった。金髪のウィッグを付けていた。ソロシングル購入特典:生写真(4)
151207_1.jpg 151207_2.jpg

12月16日 新宿MARZ LUCK vol.7 クリスマスに口約束

大好き、été、もっとも美しいもの(オケをバックにマモルさんギター)、眠たいCITY vs 読書日記(オケをバックにマモルさんとデュエット)、クローバーの恋(マモルさんのギターとコーラスのみで歌う)

元々ようなぴミニマム音楽団にオファーがあったイベントとのことで3曲目以降すべてマモルさんと2人でステージに立つなど変則的なソロ現場だった。かつ12月20日ゆるめるモ!のzeppワンマンを控えておりモ!の曲の良さを伝えるべくソロステージとしては大変珍しくセトリに何曲もゆるめるモ!のカバーが入っていた。中でももっとも美しいものはゆるめるモ!新フルアルバムの『YOU ARE THE WORLD』でもとりわけ特別な意味合いを持つ曲。その曲をなぴさん一人による歌唱で聴けたことは意義深かった。衣装はmarienkaeferで行われていたグループ展「セイント☆マリー園」への出展作品をプリントしたなぴさんオリジナルグッズのゆめかわトレーナーを着用。ソロシングル購入特典:生写真(5)
151216_1.jpg special thanks to さとしさん

12月20日 ゆるめるモ!ワンマン Zepp DiverCity

12月24日 渋谷WOMB 琴聖夜~コトリマスイヴ~

Return to my Innocence、エンジェルがエンドレス、大好き、été

KOTOちゃんのイベント。衣装はサンタさん。クリスマスならではのトークがさえていた。KOTOちゃんのイベントとあって久し振りにエンジェルがエンドレスがセトリに入っていたが、その後同じイベントの中で、対バンしていたレコライドさんとKOTOちゃんによるエンジェルがエンドレスもそれぞれに聴くことができた。zeppワンマン後の初現場だった。この日からソロ現場が3日連続した。ソロシングル購入特典:手書きクリスマスカード
151224_1.jpg 151224_2.jpg

12月25日 LOUNGE NEO OXOX

メガネジェネレーション、キテキテ☆キッス、きらめきらりりかる (りなはむさんと)、大好き

りなはむさんのイベント。ゆめかわフェスの新企画らしい。KOTOちゃん→スペィドさん→ナマコプリさん→なぴさんという流れは素晴らしかった。衣装は前日とは違うタイプのサンタさん。
KOTOとようなぴの夜会から1周年。前の日のWOMBと合わせて意義深い現場であった。セトリはReturn to my Innocence以前のソロ現場を思わせるものだった。きらめきらりりかるではりなはむさんも登場。前回のゆめかわフェスと同じく大好きも歌う。
なおこの日はShowroomのクリスマスの特別番組があり、近い時間帯にモ!ちーぼうさまと共になぴさんがそちらにも出演していた。ソロシングル購入特典:クリスマスメッセージ入りの生写真(5)
151225_1.jpg 151225_2.jpg

12月26日 渋谷Glad 篠原ゆり生誕祭

été、もっとも美しいもの、大好き、キテキテ☆キッス

衣装はシングルジャケットの黒い服。会場はGlad。この日もセトリにゆるめるモ!「もっとも美しいもの」が入っていた。ゆり丸さまの生誕とあって、大好きの歌詞の一部が「ゆり丸大好き」になっていた。KOTOちゃんとは3日連続で対バンだった。なお次の日から29日までゆるめるモ!関西遠征だった。
151226_1.jpg 151226_2.jpg

12月30日 新宿ロフトプラスワン アイラミツキ復活祭&忘年会

Return to my Innocence、きらめきらりりかる (ようなぴ solo version)、エンジェルがエンドレス、キテキテ☆キッス、été、大好き、メガネジェネレーション

2015年ゆるめるモ!を含めてもようなぴちゃんのラスト現場だった。その現場がなぴさんにとっては大切な存在であるアイラミツキさんのイベントであったのも面白い。Return to my Innocence、きらめきらりりかる、エンジェルがエンドレスというようなぴちゃんソロ現場の立役者的重要曲が立て続けに並ぶ前半のセトリが、ゆるめるモ!躍進の年であると同時にようなぴちゃんソロ現場の年でもあった2015年の締めくくりに大変ふさわしく感じられた。この日の物販後には2015年を締めくくる「ようなぴ締め」が行われ、ツイキャスで全国に配信された。
151230_1.jpg 151230_2.jpg

(余談。。)
なお上記以外に、なぴさんが一人で歌を歌った場面がゆるめるモ!関連のイベントにおいて何度もあり、私の思いつく限りでは次のものが挙げられる。他にもあったら教えてください~。

・2013年10月20日「ゆるめるモ!新メンバーによるワンマンライブ&トークイベント」鹿鳴館 ソロコーナーがあった。
 乙女のポリシー
・2014年6月23日「ユニめるモ!vol.2」新宿dues ユニット「空二人」で出演のところ、あのちゃんがお休みになってしまった。
 <空一人>乙女のポリシー、おこしてしまった?、おジャ魔女カーニバル!!
・2014年8月28日「TRASH-UP!!19号発売記念イベント」浅草橋ブンガジャン  ソロコーナーがあった。
 きらめきらりりかる(ようなぴsolo version)
・2014年10月23日「田家大知、大坪ケムタトークイベント」川口市メディアセブン 急遽ハシダさんのギターをバックに歌った。
 おこしてしまった?、さよならばかちゃん
・2014年11月10日「ゆるめるモ!の阿佐めるモ!」阿佐ヶ谷ロフトA しふぉさんと2人で出演したが、この曲のみ1人で歌った。
 くちづけキボンヌ

(関連エントリ。。。)
DJ younaP!の現場についてのメモ。。

DJ younaP!の続きとようなぴミニマム音楽団について後日また書くかも。。(白目。)


younapisamanocd.jpg
ようなぴさん

スポンサーサイト

DJ younaP!の現場についてのメモ。。

最近マジでいろんなこと忘れかけてて謎の危機感を抱き始めてきたので、ちょっと一回記憶を整理したいと思ってここにメモしておくことにしました(´;ω;`)

あくまで、自分のためのメモというスタンスなのです。でも、もしも記憶違いとかがあったら、こっそり教えてもらえたらめっちゃ嬉しいです。(´;ω;`)!!

なぴさんのソロ現場についても、今度また記憶を整理しようと思っています。自己満足のために・・・。

2013年
12月23日 ラフォーレミュージアム六本木 ウタ娘クリスマスライブ
DJようなぴ初登場!
ウタ娘クリスマスライブ一部・二部、ライブ自体は10分くらいずつだったのに謎のDJブースで何故か30分くらいずつゆるめるモ!の持ち時間があり、そこにDJハシダさんと共に「DJようなぴ」が私たちの前に姿を現した。
とはいえかかった曲はゆるめるモ!曲中心であり、その楽しさはDJようなぴ現場ではなく紛れもなくゆるめるモ!現場としての楽しさだったと思う。(発売前の『箱めるモ!』から「木曜アティチュード」、さらに初めて「manual of 東京 girl 現代史」「虎よ」がかかった。)
しかしこの時すでに、今後自分としてイベントなどでDJをできたらということをおっしゃっており、長い時間をかけて、やがてそれは実現することになるのである。なおこの現場は、みんなの心にとっても重要な思い出としてずっと刻まれている。
http://ameblo.jp/ylmlm-younapi/entry-11737483728.html
http://twitter.com/mo_younapi/status/415061838267551744
utamusume.jpg utamusume2.jpg

2014年
5月3日 渋谷ロックのこころ Who Killed IDOL? vol.1
それから半年の時をへて、ついにDJようなぴがDJようなぴとして初めて出演を果たした記念すべきイベント。これはオールナイトイベントで、雑居ビルの中の結構狭い場所に人がたくさんだった。深夜の雑居ビル、強烈な赤いセーラー服でのDJようなぴ。そのあざやかなイメージと、多少粗削りであったとしても浮き彫りになるなぴさんのやろうとしてることへの予感に衝撃を受け、最初であるがゆえに強烈に象徴的な時間がいつまでも忘れられない。この時からグッツとして缶バッジとステッカーが売られていた。
http://ameblo.jp/ylmlm-younapi/entry-11869022486.html
http://twitter.com/mo_younapi/status/462592302918008832
kokoro.jpg kokoro2.jpg

7月5日 LOUNGE NEO 僕らが旅に出る理由
小野口真央さんが留学に出発される記念のイベントだった。この時も前回と同じ赤い服。夕方から喫茶べるめるモ!という謎のイベントもあった一日だった。私は、生誕前で全然気持ちに余裕がなかった。このころからDJ名の表記がDJ younaP!になり始めた。
http://twitter.com/mo_younapi/status/485438495045849088
tabini.jpg tabini2.jpg

7月13日 ようなぴ生誕

7月23日 TWIN BOX AKIHABARA りなはむフェス(仮)
このイベントがあった週は、今考えても不思議な週だった。というのは、青森での夏の魔物(7月21日)、名古屋遠征(7月24日)、新潟でのゆるめるモ!なりのフジロック(7月26日)と遠征ばかりが続いていたのだ。ワンマン前の最後の時間。そんな不思議な週のど真ん中、唯一東京であった幻みたいな平日現場がこのDJようなぴだった。このイベントではなぴさん以外にも奇跡のようなことが起こっていて、とても不思議な現場だった。ちなみに同じ日にちーさんがShowroomに出演し、しふぉさんけちょさんももぴさんが大阪遠征をしているなど、普通の平日なのにゆるめるモ!で多くのことが同時進行されてた日でもあった。この時の衣装は、生誕でエレクトリックリボンのasCaさんからプレゼントされたセータームーンのTシャツだった。
http://twitter.com/mo_younapi/status/491959251300917250
hamu.jpg hamu2.jpg

8月14日 水戸SONIC NO IDOL NO FUTURE
平日の水戸遠征。なぴさんだけのオフ会もあった。「クールなDJ younaP!Tシャツ」と2つ目の缶バッジがこの時の物販から販売された。衣装はセーラームーンTだったらしい。私は行けなかった。
http://twitter.com/mo_younapi/status/499902629690871810

8月17日~24日 ようなぴ初個展~世界は洋梨のままで~
8月30日 りなはむフェス>ソロで出演し、後の「Electro Twintail Cat」が初披露される。

9月7日 新宿MARZ あの生誕
ゆるめるモ!のあのちゃんの生誕はいろいろなバンドが出演し、非常に画期的、刺激的かつ面白いイベントであった。おそらくバンドの出演が多く転換に時間がかかるために、転換DJとしてあのちゃん、ちーさん、ハシダさん、そしてDJ younaP!が投入された。短い時間だったがこの時も後の「Electro Twintail Cat」がかかった。この日から“ハイパーようなぴ”になった。
http://twitter.com/mo_younapi/status/508615927122771969
ano.jpg ano2.jpg

10月4日 渋谷club asia VIVIVI
有名なイベントらしい。(無知。)しかもフライヤーには、豪華な出演者陣と同じくらいのフォントで大きくDJ younaP!と書いてあって、とてもワクワクした。しかしそれ以上に、club asiaの大きな舞台に一人で立ち、必ずしもなぴさんを見に来たわけではない多数の観客を熱狂させるなど、DJ younaP!が新たなステップに上ったことを実感させられる時間であった。アニソン系のイベントらしく、なぴさんの衣装もブラック・レディのコスプレだった。なおオールナイトイベントであった。ゆるめるモ!として直前までクアトロでライブがあり、翌日昼から水戸遠征があるなど、過酷なスケジュールだった。
http://twitter.com/mo_younapi/status/518469216756711424
vivivi.jpg vivivi2.jpg

10月16日 新宿FNV 嬉々快々vol.1
平日イベント。DJ younaP!の一つ前がりなはむさんのDJで、きらめきらりりかるを二人で踊られるなどした。おもしろ三国志さんremixのきらめきらりりかるが初めて披露された。またこの日から普通バージョンのきらめきらりりかるのオケも変化(した気が)するなど、きらめきらりりかるのCDが発売されそうな雰囲気が漂っていた。(このイベントの前にジャケットとかの写真を撮ったのでは。)
http://twitter.com/mo_younapi/status/522771780578996225
kiki.jpg kiki2.jpg

11月2日 新大久保 unique LABORATORY ハレクモ
恵比寿でモ!も出る別のイベントを同時進行でやっていたためか、休日なのにフロアが非常にゆったりしており、みんなで楽しめてとてもよい現場だった。衣装はアー写で着ていたそのままの洋服。この後すぐに恵比寿のイベントでゆるめるモ!のライブがあったため、物販は超急ぎ足だったけれど、「クールなDJ younaP!Tシャツ」が売り切れるなどした。このイベントで「きらめきらりりかる」のCD発売が発表された。恵比寿でのライブ後、家に帰ったら、ようなぴドットコムという素晴らしいサイトがオープンしていた。
http://twitter.com/mo_younapi/status/528815107703193600
harekumo.jpg harekumo2.jpg

11月9日 LOUNGE NEO en006
なぴさんにとってゆかりのあるLOUNGE NEOの12周年イベント。先にDJ younaP!の出演が発表され、後からゆるめるモ!が追加された。この日のDJ younaP!は自分のようななぴさんやゆるめるモ!のファンよりも、なぴさんと同じ意味でこのあたりの場所にゆかりがあった人達にとってこそ意義深い時間だったと思われる。しかしそれはなぴさんが目撃していた世界に迫ることでもあり、一介のようなぴファンとしてもとても震える時間であった。DJの時の衣装は私服だったが、その後ゆるめるモ!として出演したので、物販では新ツナギだった。
http://twitter.com/mo_younapi/status/531466023883403265
neoaniv.jpg neoaniv2.jpg

11月15日 GARRET udagawa はむふぇす! vol.2
11月15日 原宿 UCESS THE LOUNGE DANCE OR DIE ~DAY TIME DISCO~ vol.2

この日はDJ younaP!現場が2本あり、思い出深い一日だった。また環境が常に最善とは限らないとしてもいつも最高に楽しいのは、なぴさんが様々な試行錯誤をされている結果なのだと改めて感じる一日でもあった。2本の現場の間には、なぴさんがヲタクのことを大切に考えてくださっていると思い知らされる出来事があった。衣装はなぴはむの?スカートに上はピンク色のジャージだった。
http://twitter.com/mo_younapi/status/533513965993590784
http://twitter.com/mo_younapi/status/533562446691049474
garha.jpg harajuku2.jpg harajuku.jpg

11月16日 新宿MARZ しふぉん生誕
しふぉさんの生誕もバンドの出演が多く、転換DJとしてちーぼうさん、ハシダさん、そしてDJ younaP!が投入された。わずか15分の転換DJながら、しふぉさんへの尊敬にあふれた空間を作り上げてしまう手腕はすさまじいと思った。この2日間の3本のDJ younaP!はどれもすごかった。
https://twitter.com/mo_younapi/status/533991486224748545
sasasa.jpg sasasa2.jpg

11月23日 秋葉原MOGRA でんぱーりーナイト(MOGRAの場合)
でんぱ組.incのシングル発売を記念した?オールナイトイベント。オープンDJで、オールナイトだったが終電で帰れる時間に出番が終わった。オープンDJということから、前半15分くらいはBGM的に曲をかけ、そこから後半15分で一気に盛り上げていくスタイルで、終わったときの高揚はすさまじいものがあった。ちなみに、物販はなかった。
http://twitter.com/mo_younapi/status/536546057153286144
demp.jpg

11月19日 CD『きらめきらりりかる』物販先行発売

12月5日 町田カーバンクル KiLLER TUNE NIGHT vol.1
平日夜の町田で行われたイベント。とってもかわいいシナモンパーカーで登場。会場は小さなステージのあるバーで、ここでこうしたDJをするのは意外にも思えたが、普段やらない曲中心のセトリはとても面白かった。この時装置メガネの曲がかかった。「なぴさんは、シナモンだ!!!」
http://twitter.com/mo_younapi/status/540871727127875584
machida.jpg machida2.jpg

12月12日 新木場ageHa ASOBINITE!!! -大忘年会SPECIAL-
金曜夜からの深夜イベント。有名なイベントらしい。DJ younaP!が新木場ageHaに登場した日でもある。とはいえ、他のいわゆる“アイドルDJ”陣と共にあの倉庫のようなステージに閉じ込められてた。このイベントには、中田ヤスタカさんも出演していた。
http://twitter.com/mo_younapi/status/543567245285146624
asobi2.jpg asobi3.jpg

12月20日~25日 『ようなぴちゃんと小さなホワイトクリスマス』展

12月23日 原宿アストロホール けちょん生誕
けちょさん生誕でも短い時間ながらDJ younaP!が出演。けちょさんからのオファーがあったらしい。会場の後ろのほうにDJブースがあり、そこでのDJだった。本当に幸せな気持ちでいっぱいになる展示『ようなぴちゃんと小さなホワイトクリスマス』が同時進行で行われており、その中できらめきらりりかる (DJ younaP! remix)を聴けたのでで頭の中がにこにこでいっぱいになった。この年末の2週間くらいは、展示、DJ、ソロ現場が怒涛のように続く奇跡のような幸せな時間だった。この時も装置メガネがかかった気がするけど、曖昧な記憶である。
http://twitter.com/mo_younapi/status/547394421939912705
kechosan.jpg kechosan2.jpg

12月24日 渋谷トランプハウス HAMPaaa! vol.1 - X'mas DJ party -
平日イベント。2日連続のDJ younaP!だった。これはりなはむさんのイベントで、5千枚ミッションの追い込みの時期でもありCD『苺りなはむ』を購入すると入場できるシステムだった。何かの間違いのようなすごい内装の会場で、なぴさんはサンタさんの格好をしていたので、すごい世界に紛れ込んだような気分になった。この日もりなはむさんとのきらめきらりりかるを見ることができた。
http://twitter.com/mo_younapi/status/547764720745209856
trump.jpg trump2.jpg

12月25日 KOTOとようなぴの夜会
12月27日 大阪ソロ遠征3現場

2015年
1月2日 恵比寿batica DJ四捨五入7HOURS
エレクトリックリボンぇっかさんのイベント。2階のメインフロアでひたすらぇっかさんが耐久DJをされるというイベントで、ゲストDJのなぴさんは1階のバーカウンター横のブースでDJをされていた。持ち時間がたっぷり1時間もあり、なぴさんの“好きな曲”ばかりをバンバンかけていらっしゃって、新年早々ほんとに楽しい時間だった。この日は三が日ということで和服みたいな恰好だった。
http://twitter.com/mo_younapi/status/551019308956917760
ericasan.jpg erica2.jpg

1月11日 下北沢GARDEN ちーぼう聖誕
ちーぼう聖誕、直前にキャンセルになった出演者の方がいらっしゃったためか、ちーさん以外のゆるめるモ!メンバー全員が転換DJをされていて非常に興味深かった。全員、フロア後方でのDJだった。もちろんDJ younaP!も登場した。
http://twitter.com/tweet_is_murder/status/554209967536754688(ほかの方のツイートへのリンクすみません。)
chi.jpg chi2.jpg

1月31日 横浜B.B.street 夜の三国志フェス
三国志ファンによる三国志ファンのためのイベントになぜかDJ younaP!が出演。なぴさんがお好きなおもしろ三国志さんが出演されてたり、ハシダさんが関係されてたりするためらしい。昼の三国志イベントの後夜祭のような位置づけらしく、熱心な三国志ファンの方が多数いらしていて、チケットも割とすぐに売り切れてしまった。
この日はDJ younaP!としての出演とはいえ、実質的にはイベントの趣旨に即したソロステージの色合いが濃く、ハシダさんや“謎の中国人”さんと三人で演奏されている時間のほうが長かった。セトリはお二人と共に「三国志フェスの歌」を二回、さらにアコースティックバージョンのきらめきらりりかるが披露された後、DJをされる中でおも三さんremixのきらめきらりりかるとETCでマイクを取られ、DJでもう二曲挟んだ後に、最後三人でまた二回「三国志フェスの歌」を演奏されるというものだった。
「三国志フェスの歌」は以前の三国志フェスでハシダさんがお客さんと作りあげたという曲で、ユーモラスな中にも心を打たれる素敵な曲だったうえに、なぴさんの雰囲気にとっても合っており、素晴らしかった。そしてなぴさんファンにとっての一番の白眉はアコースティックバージョンのきらめきらりりかるであった。これは本当に幸せな時間だった。
DJ younaP!の後に「三国志ビンゴ」のコーナーがあり、そこでなぴさんが「三国志カルタ」を当てていた。なおこの日は衣装は「チャイナピ」と称してチャイナ服で登場。あまりに素敵だったのでみんなうろたえていた。
http://twitter.com/mo_younapi/status/561458368930263040
sangokushi.jpg sangokushi2.jpg

2月6日 水戸SONIC 出張☆はむふぇす!-水戸篇-
CDを5千枚売り切るというミッションを達成されたりなはむさんの遠征イベントにDJ younaP!も登場。平日の19時台に水戸だったのでかなり険しかった。この日はりなはむさんと二人でステージに立ち、前半はりなはむさん、後半はなぴさんがプレイするという形でのDJコラボをされていた。なぴさんの時間は前半は通常通りのDJだったが後半はETC、キテキテ☆キッス、メガネジェネレーション、そしてりなはむさんとのきらめきらりりかるでずっとマイクを取り続け、DJ younaP!でありながらさながらなぴさんソロのような時間でもあった。この日は私服で登場。けちょさん生誕の時の恰好だった。ゆるめるモ!現場が1本もない中にあって、3日連続なぴさん単独現場のあるようなぴ3daysの一日目であった。
https://twitter.com/mo_younapi/status/563696404799840258
02mito.jpg 02mito2.jpg

2月7日 恵比寿batica 444bpm♯3
ようなぴ3days二日目は恵比寿baticaでのDJ younaP!。この日は2階のメインフロアでのDJ。久し振りのガッツリなDJでもあり、いろんな人達と一緒になって心から楽しめて心から最高だった。そんな中においてもキテキテ☆キッス、メガネジェネレーション、ETCがあったことも、最高だった。町田以来のシナモンパーカーで登場。「なぴさんは、シナモンだ!!!」
02batica2.jpg 02batica.jpg

2月8日 渋谷glad 佐々木喫茶フェスティバル'15
ようなぴ3days最終日は単独現場が2現場あり、昼はなぴさんソロ、夜がこの佐々木喫茶フェスティバルだった。オープニングDJと、佐々木喫茶さんが過去に様々な方に提供した曲を“供養”するコーナーのゲストボーカルとして出演されていた。衣装はそのため、供養するための黒い服であった。この辺の現場は、まだ時間がたっておらず考えを整理できたないので、いつかまた追記します~~。
https://twitter.com/mo_younapi/status/564409416477200384
kissa.jpg kissa2.jpg


<この後もここに追記していきたいです。(アホ。)(白目。)>


younapichan.jpg
DJ younaP!

アイドル楽曲大賞2014

とりあえずリンク貼るためにエントリをつくりました(´;ω;`)

インディーズ/地方アイドルー楽曲部門
1位 [ゆるめるモ!×箱庭の室内楽] manual of 東京 girl 現代史 2.5 pts.
 ゆるめるモ!が大好きだった2014年を自分にとっては象徴する曲です・・・。

2位 [ゆるめるモ!] たびのしたく 2.5 pts.
 素敵な思い出みたいな「なつ おん ぶるー」が終わり、「OO」からのこの曲でアルバム『UFO』が幕を閉じる。2014年8月9日リキッドルームは、何だかそれと同じようであった。そして、次の時代?が始まった・・・。

3位 [ゆるめるモ!] 場viewer 2 pts.
 大好きな曲、そして、ゆるめるモ!のようなぴさんが落ちサビを歌っている曲。(´;ω;`)

4位 [エレクトリックリボン] 波音チューニング 2 pts.
 自分にとっての大切な2014年を象徴する曲です・・・。

5位 [3776] コケモモ 1 pts.

アルバム部門
1位 [ゆるめるモ!] 『Unforgettable Final Odyssey』 2.5 pts.

2位 [ゆるめるモ!×箱庭の室内楽] 『箱めるモ!』 2.5 pts.

3位 [うどん兄弟] 『ラストアルバム vol.1』 1 pts.
 自分の大好きな方々がたくさん参加されていて、案の定最高の作品で、抗えずにやっぱり聴きまくってしまいました。さらにそれだけではなく、現場で見たときそれと同じくらいまたはそれ以上に最高だったので、震えてしまいました・・・。

推し箱部門
ゆるめるモ!
 2014年それは、ゆるめるモ!といつでもいっしょの一年間だった。(現場に行きまくった・・・。) それは、ほんとにほんとに、素敵なことでいっぱいの、一年間だった。 たくさんの人に、いつでも素敵な気持ちを与えてくれた、ゆるめるモ!の人々に、とっても素敵な2015年が訪れてほしい・・・。

モ!ちゃんのライブをはじめてみた日

から、1年がたちました。
だから何?という話では、あるのですが・・・\(^o^)/

ylm1.jpg
2013年10月11日

これはゆるめるモ!を知る時期としては、早くもなく、遅くもなかったと思うんだけど、
この少し前にゆるめるモ!に5人の新しいメンバーが加入して、
偶然にもこの日は、彼女たちがモ!として最初にライブハウスのステージに立った日とのことで・・・。


この時のライブは、ほんとに衝撃的で、はじめてのライブで、のっけからここまで幸せに包まれ、
そしていきなり夢中になるという経験が、今後自分にあるだろうかと思います。


「ゆるトロ」で背後から8色のツナギ姿のみんなが登場し、フロアでみんなで「モ!モ!モ!モ!」
これがゆるめるモ!か。。。と感激する間もなく、そのままステージに駆け上がって、「逃げろ!!」

この「逃げろ!!」が、未だに、僕が見た中ではトップレベルに印象に残っている「逃げろ!!」で
マイクのハウリング、時々止まってしまうボーカル。そういう全てを無視して疾走する、オケ。
なのにそこにはみんなの「これからの輝き」みたいなものが強烈にあふれてて、
目の前の景色なんて、全部あっという間に追い越して行っちゃう。
(今では、こういうのはまったく考えられないので、この時期のライブにいけたのはよかった。)


それでこの素晴らしい曲の世界を、これほどまでに体現している存在を目の当たりにしたこともショックだったし、
光がついに光を放とうとする一瞬前のその瞬間を目撃したと思ったし、
僕はポップなことが一番の救いだと思っているような人間で、それで、「これが、自分の思うポップだ!!」と心の底から
感激したのでした。


そしてまさにその時予感したように、それは序の口に過ぎないことであって、
この日から、それまで月に5本とかしかライブにいかなかった人間が、
徐々にとかではなくいきなり、ゆるめるモ!の行けるライブすべてに通い詰めることになり、
その中で、たくさんの幸せ、たくさんの素敵なこと、
たくさんの光・・・たくさんのカワイイと、ほんの少しの悲しさに出会うのでした。

ylm2.jpg
ゆるめるモ!

世の中は運と縁でできているといいますが、このことに関しては、自分には完全に謎の縁があったと感じています・・・。
この1年間は、全てゆるめるモ!とともにあり、ゆるめるモ!のためにあった。
それは本当心の中の玉手箱にずっとずっとしまっておきたいような、自分のような凡人にとっては奇跡みたいな、大切なことにあふれた1年間でした。

そしてそれはたぶんこれからも、形はいろいろに変わるかもしれませんが、
続くと思っています。



ylm4.jpg
尊敬する、大好きな、最高な、“ようなぴちゃん”については、
いつかまたブログを書きます。

3776とオレンジポートのライブを見に行った

2014年3月7日
なんだか行けそうだったので、富士宮のご当地アイドル「3776」さんの初めての主催ライブ
「3776の日(前編)ライブ」に無理矢理行ってみた。

富士宮の中心部、浅間大社のすぐ近くにある多目的レンタルスペース「FUJIVISION」という場所が会場で、
3776さんと沼津のアイドル「オレンジポート」さんとのツーマンライブであった。

schevision.jpg
3月7日は3776の日

こうしたご当地アイドルの地元でのライブに行くのは初めてだったうえ、3776さんは東京で2回行っただけの初心者でもあり、実際に行くまで不安な気持ちでいっぱいだった。
しかし蓋をあけてみると、そこにあったのはとてもほのぼのとした空間であり、その空間にさりげなく 自分のような人間もまぜてもらえたような心地がして、
紛れもなく素敵な時間を過ごすことができた。

冒頭から、オープニングアクト的に3776さんによる小芝居のようなものがあり、その中で「本番の練習」として3776のプロデューサー石田さんのギターによる「私の世界遺産」を見てしまった。これがまず、貴重な体験であった。
続いて登場したオレンジポートさん(若手チーム)は超可愛くて、超ほのぼのとしてて、それなのにボーカルもダンスもものすごくて、すっかり幸せな気持ちになった。
(つい先日3776やPSSとの対バンだった池袋dotで初めて見てあまりのことに衝撃を受けたが、聞くとその時が若手チームで初めての東京進出だったらしい。)

その幸せな気持ちのまま、3776とオレンジポートのトークショー(!)という凄まじいコーナーをはさみ、満を持して3776さんが登場。
ほとんど公民館みたいな会場(普通の部屋をビニールテープで仕切っただけのステージ)だったけど、
曲もステージも当たり前のように最高で、大好きなコケモモを初めて見られたことも含め、
こんな近い距離から45分もステージを楽しめて、心から満足であった。

時々静かに起こるMIXや、老若男女とまではいかないまでも、自分がたまに行くような東京でのアイドルライブでは考えられないくらい様々な方がいらしている様子など、正直すべてが好ましく、静かな感激を覚えた。
そしてその中に自分のようなよそ者が混ざって、それでも一緒に楽しませてもらえたような心地がして、それもすごく泣けることだと思った。

wktmik.jpg
湧玉池

そして富士宮という街も、とても好ましく映った。富士山はイメージよりもずっと大きかったし、人々はみんな親切に感じられた。
ライブの前、3776の曲にも歌われている湧玉池に行ってみた。とても静かで冷たそうな水の中、たくさんの夕焼け色の雲が浮かんでいた。そこにいた鴨や魚が流れに逆らって泳ぐ姿が、3776さんのあの不思議なダンスにそっくりに見えたので、とても驚いた。

3776m.jpg 3776r.jpg
チェキも撮った
プロフィール

nijigamitaina

Author:nijigamitaina
大好きが大好き。

http://twitter.com/niji1994
http://www.lastfm.jp/user/niji1994

大好きなCDやレコードのクレジットを転記したり、写真を掲載したりして、楽しい気持ちに浸るためのブログ。
日常で起こった大切な出来事を、忘れないように書き残しておくためのブログ。


※ なるべく検索サイトにひっかからないようにしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

mejiyanの TOEIC Part5,6でボケ防止 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。